冬になるとバッテリーの減りが早くなる原因と対処法

2018-11-12

 

冬になると、iPhoneのバッテリーが早いと感じることがあると思います。

筆者の修理店でもバッテリー交換のお客様がいちばん多い季節が冬です。

では、なぜ、冬になるとバッテリーの減りが早くなるのか?

それは、前のブログでも紹介した通り、

こちら

リチウムイオンバッテリーは液体の触媒溶液の中で

プラスイオンとマイナスイオンが行き交うことで発電しています。

気温が低く、触媒溶液の温度が下がると、このイオンの行き来が鈍くなってしまいます。

 

バッテリーの性能が悪いと感じるかもしれないですが、

低い気温の影響で、バッテリー本来の性能が発揮されなくなるからです。

これはデータでも証明されていて、気温25度と気温10度の環境で検証したところ

気温10度の場合の方が、同じiPhoneでも20%ほどバッテリーの持ちが悪くなる

という結果が出ています。

 

対処法は?

では、寒い時にiPhoneのバッテリーを長持ちさせるにはどうするか?

特に難しいことではなく、iPhoneを常温にしてあげるだけでいいです。

カバンの中であれば、ポケットの中に入れ替えて、人肌で少し温めるなどでいいです。

決して、カイロで温めたり、ヒーターやエアコン、ドライヤーなどでは温めないで下さい!

急に温めるのではなく、ゆっくりと人肌程度に熱が伝わるくらい快適です。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る