糟屋郡にあるiPhone修理、スマホ修理の正規店から非正規店、登録修理業者の店舗の紹介をしています。口コミ、評判、修理代金の安さ、オススメの店舗も記載、人気のiPhone修理店の求人も記載中。


→糟屋郡のiPhone修理店について

福岡県糟屋郡にあるiPhone修理、スマホ修理の正規店から非正規店、登録修理業者の店舗の紹介をしています。口コミ、評判、修理代金の安さ、オススメの店舗も記載、人気のiPhone修理店の求人も記載中です。

糟屋郡は、福岡県(越前国)の郡で、宇美町(うみまち)、篠栗町(ささぐりまち)、志免町(しめまち)、須恵町(すえまち)、新宮町(しんぐうまち)、久山町(ひさやままち)、粕屋町(かすやまち)の7町を含んでいます。郡名の由来は不明ですが、その歴史は古く、京都の妙心寺の国宝梵鐘には「戊戌年四月十三日壬寅収糟屋評造舂米連廣國鋳鍾」という銘があり、戊戌年、西暦698年に舂米連広国(つきしねのむらじひろくに)という糟屋評(こおり)の長官であった人物がこの鐘を鋳造させたことが記されています。その後も、『筑前国風土記』(逸文、713)、『日本書紀』(720)、『延喜式』(927)、『和名抄』(931–938)に一貫して「糟屋」という文字で現れています。『日本書紀』に記された磐井の乱の経緯が史実ならば、大和朝廷に筑紫君葛子が糟屋の屯倉を献上したのは528年となり、 『和名抄』によれば10世紀当時糟屋郡には香椎郷(カスヒ)・志阿郷(志珂の誤りか)・厨戸郷・大村郷(オホムラ)・池田郷・阿雲郷(阿曇の誤りか)・柞原郷(クハラ)・勢門郷(セト)・敷梨郷の9郷が存在したとあります。
福岡藩時代およびそれ以前より1889年(明治22年)に町村制が施行されるまでは、糟屋郡北部は裏糟屋郡、南部は表糟屋郡に分けられ、支配されていました。
郡域南部には粕屋炭田と呼ばれる炭田が広がっており、明治以降石炭産業で栄えましたが、1960年代にエネルギー源が石炭から石油へ移行した為、郡内の炭鉱はすべて閉山し、人口・産業などの面で衰退していった。しかし、その後、隣接する福岡市の発展の影響で、人口が増加し、ベッドタウンとして繁栄してきました。
2005年4月1日、それまで日本の郡の中で最も人口が多かった愛知県海部郡のうち4町村が愛西市として市制施行したことで、日本で一番人口の多い郡となりました。粕屋町・志免町・篠栗町は同年までの5年間の人口増加率が県内で1~3位です。
2007年1月29日、新宮町をのぞく6町の間で「合併研究会事務局」を開設し、4月以降に任意合併協議会を発足。同年12月をめどに法定合併協議会へ移行。2010年2月の合併を目指していましたが、具体的な話は進んでいない状況です。

そんな福岡県糟屋郡で、画面修理・バッテリー交換・水没復旧修理・データ移行・リンゴループの復旧・カメラ交換・スピーカー交換修理その他パーツ交換など、今では日常生活にはかかせない大事なiPhoneの修理をしてもらえます。 また、店舗によりましてはiPhoneの修理だけではなく、アンドロイドのスマートフォンや、iPad、各社メーカーのノートパソコン・各社メーカーのデスク トップパソコン、DSやPSP・プレーステーションなどのゲーム機、幅広い機器の修理を行っている店舗もございますので問い合わせてみましょう。 修理時間は、店舗・修理内容によって異なりますが、iPhoneであれば一番多いと言われている画面修理のガラス交換・液晶交換で平均時間30分での修理が可能です。

遠方でもご自身にあったお店が見つかれば郵送修理も対応可能な場合があります。修理をお願いする時は各記載店舗に問い合わせ、予約をすることでスムーズに対応してもらえます。事前に電話、メール相談、予約をすることをお勧めします。

福岡エリアでは新着店舗の情報は随時情報が入り次第、順次掲載を進めておりますが、掲載漏れがある場合があります。その時は店舗様、ユーザー様より情報をいただき次第、掲載を進めていきますのでお問い合わせください。

当サイトでは修理店舗の紹介のみでありお客様と掲載店舗の間のトラブルは一切関係ありませんのでご了承ください。

→iPhone7のガラス割れ修理価格が安い順に並べ替える

  • 登録されている記事はございません。
  • 地域から探す

    掲載希望の方へ

    掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

    無料掲載希望の方へ

    掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

    PR

    乗馬用品

    ページ上部へ戻る