京都市にあるiPhone修理、スマホ修理の正規店から非正規店、登録修理業者の店舗の紹介をしています。口コミ、評判、修理代金の安さ、オススメの店舗も記載、人気のiPhone修理店の求人も記載中。


→京都市のiPhone修理店について

京都市は京都府の中で最も大きな市で、11の区で構成されています。
人口が府の56.6%が京都市に在住している賑わっている地域で、京都市では河原町付近をを中心に祇園は舞妓さんが歩いてたりお茶屋さんで賑わい先斗町は京都らしい建物の料理屋が並んでおり、木屋町は高瀬川を挟み、若者で溢れている活気のある場所です。隣の先斗町とは随分雰囲気が違います。
四条河原町周辺には大手百貨店の高島屋、大丸、マルイが集結していて買い物やお出かけにはベストな場所です。有名な八坂神社や高台寺、清水寺もありお花見や紅葉シーズンの時期は特に観光客で街が溢れかえっています。
河原町で毎年夏に行われる日本三大祭りの祇園祭も京都の風物詩です。その他にも時代祭りや歴史的な行事が京都の誇りです。そして京都の中でも数多くのお寺や神社は古都京都の文化財として世界遺産に登録されているのが京都。清水寺、天井に龍が描かれていてどの角度から見ても目が追いついてくる龍安寺、哲学の道で有名な銀閣寺、冬になると雪化粧が綺麗な金閣寺、有名な歴史的建造物たくさんあります。京都の歴史と言えば平安京が置かれてました。その跡地で道路が碁盤の目になっており、間違えて道に入ったとしても先に出てしまえば縦と横の道でマス目状になってるので迷う事は少ない道路になっています。千年の都と言われてきた京都なので教科書に載っているスポットもたくさんあります。
毎年お盆の8月16日には精霊送りの行事、五山の送り火大文字が五つの山(大、左大文字、妙法、舟形、鳥居形)で点火される。景観に関して厳しく、その為京都市では建物に対して高さ制限を設けている。年々観光都市として力を入れている京都市は国際観光文化都市に指定されています。

四条河原町の次にJR京都駅は京都の玄関口になっており、東海道新幹線やJR、近鉄、地下鉄たくさんの線が通り、利便性の良い場所です。滋賀や大阪からも行きやすい京都市内。京都駅からは色んな路線のバスもあり、どこにでも行けるといっても過言ではありません。

毎日のように京都駅前バス乗り場は行列が出来ています。中央口改札を出ると京都のシンボル、京都タワーが目の前に待ち構えています。

すぐ近くには五重塔がある東寺や有名なお寺や、京都水族館、蒸気機関車が展示されている梅小路公園もあります。京都駅周辺にも修理屋があり駅近な所が多いのです。

日本人観光客や外国人観光客の来店で店舗が京都駅前では目立っています。

 

そんな京都市内でも、iPhone・Android端末の修理を行ってもらえるお店が30件あります。画面修理・バッテリー交換・水没復旧修理・データ移行・リンゴループの復旧・カメラ交換・スピーカー交換修理その他パーツ交換などに対応して頂けます。

修理に出してる間に京都観光されるお客様やお昼ご飯を楽しむお客様も多数いらっしゃいます。又、iPad修理やパソコン修理も行ってる店舗もあります。高品質パネルを置いている所や英語対応可、修理店に加えて携帯買い取りサービスを行っている店舗もあるので携帯を変えたり、故障しても幅が広がります。河原町周辺や京都駅周辺で無くても少し郊外にも地元の方たちが足を運びやすい修理屋も存在します。

京都駅周辺の雰囲気も明るく、地下街や駅前は飲食店が集結しており出張に出向いているサラリーマンや観光客、地元民で活性化してます。iPhoneトラブルが旅行中にでも起こりましたら是非交通の便が良い京都駅周辺や河原町周辺等でも持ち込んで頂ければ即日に対応してくれる店舗もたくさんありますよ。
地名も珍しい読み方が多くあり、住所の表記が上ル、下ル、東入、西入等が住所の一部に用いられていて京都ならではの読み方となっています。京都市内は盆地になっていて市内には日本で最も高い木が生えてると言われてます。
1年中を通して魅力満載な京都市。そんな優雅な町で安心して修理を任せられるお店を選んで下さい。
修理をお願いする時は各掲載店舗に問い合わせ、予約をすることでスムーズに対応してもらえますので事前に電話、メール相談、予約をすることをお勧めします。
当サイトでは修理店舗の紹介のみでありお客様と掲載店舗の間のトラブルは一切関係ありませんのでご了承ください。

→iPhone7のガラス割れ修理価格が安い順に並べ替える

カテゴリー:京都市

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

yetina

ポッチワン

乗馬用品

ページ上部へ戻る