公式アプリも便利!アマゾンのメリット・デメリットを一挙ご紹介

2020-11-27

日本には3大ネットショッピングサービスと呼ばれるものがあり、

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • アマゾン

の3つを指します。

この内「アマゾン(Amazon)」はアメリカ初のネットショッピングサービスでありながら日本でもシェアを伸ばし、楽天市場の次に日本国内で売上を稼いでいます。また世界中で見ればアマゾンのブランドは圧倒的であり、知らない人はいないと言ってよいでしょう。

アマゾンにはメリットもデメリットもあります。アマゾンをこれから使う方やたまに使っている方などは、両方を理解してお得なお買い物につなげましょう。

今回はアマゾンでお買い物を楽しみたい方向けに、アマゾンのメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

商品の安さは随一!アマゾンのメリット

アマゾンでお買い物をするメリットは次の通りです。

  • 3大ショッピングサービスの中で商品単価は一番安くなりやすいし、送料も無料にできる
  • タイムセールやクーポン配布も頻繁に行われている
  • アマゾンプライム会員になるとかなりお得になる
  • アマゾンオリジナルのブランド商品が購入可能

3大ショッピングサービスの中で商品単価は一番安く、送料も無料にできる

アマゾンは安い価格提示にこだわっており、商品単価でみると他のネットショッピングサービスより安く商品が販売されていることも多いです。ブランドメーカーが販売している商品も安く購入できるので、お得度は高いでしょう。

また送料については、通常会員でも2,000円以上アマゾン対象商品を購入すれば送料無料です。以前より送料無料へのハードルが高くなりましたが、それでも2,000円以上購入すればよいので良心的と言ってよいかもしれません。これが楽天市場の場合3,980円以上で送料無料となります。

タイムセールやクーポン配布も頻繁に行われている

アマゾンではタイムセールやクーポン配布なども頻繁に開催されています。

タイムセールに関しては、時間限定で複数の商品が販売されます。毎日アマゾンを確認していれば、お目当ての商品が安くなっているかもしれません。

またクーポンについては200円OFFや15%OFFといったような割引額のクーポンが多数配布されています。クーポン基準で欲しい商品を見つけるのもよいでしょう。

商品によってはタイムセールとクーポンの併用も可能です。実店舗のスーパーだとセールとクーポンの併用不可の場面も多いですが、簡単に併用ができるのもアマゾンのメリットと言ってよいでしょう。

アマゾンプライム会員になるとかなりお得になる

アマゾンの目玉の一つが、「アマゾンプライム」です。アマゾンプライムはアマゾンが提供している優待サービスで、加入するとさまざまなサービス特典が受けられるのがポイントです。

たとえばプライム会員であれば、対象商品がいつでも送料無料です。2,000円以上という縛りがないので、より自由な商品購入ができます。

また配送時に付けられる

  • 最短で荷物を届けてくれる「お急ぎ便」
  • 日時指定により決まったタイミングで荷物を受け取れる「お届け日時指定便」

といったオプションに掛かる料金も無料で使い放題です。

「急ぎで商品を購入したい場面が多い」という方は、配送サービスを利用するだけでアマゾンプライムの会員料の元が取れるでしょう。

さらにアマゾンプライムに加入していると「アマゾンプライムビデオ」が見放題です。アマゾンプライムビデオでは独自コンテンツも多数配信されており、最新映画もタイミングが合えば見放題になるので映像好きの方はすぐ元手が取れます。

また最新作のレンタル料が安くなるキャンペーンも行われることがあるので見逃せません。

ちなみにプライム会員になると

  • 最短2時間でスーパーの食品が届くプライムナウを使える
  • 画像等を保存し放題のプライムフォトを利用可能
  • タイムセールに30分早く参加できる

といった特典も受けられるので便利です。

セール面では「アマゾンプライムデー」が一番お得です。2020年10月開催のセールでは多数の商品が半額以下で販売されており魅力的でした。今後もプライム会員に関係する優待セールは開催されるので、定期的にチェックしておきましょう。

アマゾンプライムの会員料は

  • 月額:500円
  • 年額:4,900円

となっており、月額でも年額でも安く設定されているので加入しやすいのもよいところです。

アマゾンオリジナルのブランド商品が購入可能

アマゾン内では「アマゾンベーシック」というオリジナルのブランド商品が購入できます。アマゾンベーシックには多数の高品質な商品が取り揃えてあり、値段も抑えられているのが特徴です。配送はすべてアマゾンが行うので信頼性も高いのもメリットになっています。

  • ホーム・キッチン
  • スポーツ
  • アウトドア
  • DIY・工具
  • カー・バイク

といった多数のカテゴリーから豊富な商品を選んで購入可能です。

またアマゾンベーシックブランドの商品を購入した場合は、1年間日本国内保証を利用できます。万が一商品が破損していたり壊れたりしても、保証を受けられれば安心です。

マーケットプレイスでの購入に注意!アマゾンのデメリット

アマゾンでお買い物をすると次のようなデメリットもあるので注意してください。

  • マーケットプレイスの出品はアマゾンが販売しているわけではないので、トラブルが発生しやすい
  • ポイント制度に弱く、貯まったポイントはアマゾン内でしか使えない

マーケットプレイスの出品はアマゾンが販売しているわけではないので、トラブルが発生しやすい

アマゾンでの出品形態には2つあります。

  • アマゾンが自社で持っている在庫を販売する
  • マーケットプレイスに登録したユーザー(企業や個人)が出品を行う

アマゾンが在庫を販売している場合は品質や配送面などについて問題はありません。しかしマーケットプレイスでの購入になると話は違ってきます。

マーケットプレイスでは楽天市場やヤフーショッピングのように、企業や個人が思い思いに商品を販売しています。そのため

  • 在庫があるように見えてもなくなっている
  • 思った通りの商品が来なかった
  • 配送されない

といったトラブルが発生する危険性もあるので注意が必要です。

またマーケットプレイスで販売されている商品は配送料無料の対象外になることも多く、配送料は出品者の対応による点も注意です。

トラブルを回避するには「FBA」を利用している出品者を選ぶとよいでしょう。FBAではアマゾンが代行して出品者の商品を配送してくれるので安心して商品を受け取り可能です。「Amazon.co.jp が発送します」と対象商品には書かれているので、よくチェックしてみてください。

ポイント制度に弱く、貯まったポイントはアマゾン内でしか使えない

アマゾンのポイント制度は、他競合2ショッピングサービスと比較すると弱いです。

アマゾン内で購入を行うと、指定された「アマゾンポイント」が貯まります。アマゾンポイントは最終購入日または最終ポイント獲得日のいずれか遅い方の日から1年間有効で、期間内にアマゾンでお買い物を行うとまた1年間延長されます。お買い物すれば期間が延長されるのは、楽天市場で貯まる「楽天スーパーポイント」やヤフーショッピングで貯まる「Tポイント」と同じです。

ただしアマゾンポイントの場合、アマゾン以外のサービスでは使えません。またアマゾン関連であっても

  • Amazonフレッシュ
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ商品

などにはポイントを使えないのもデメリットになります。

楽天スーパーポイントやTポイントの場合、

  • コンビニ
  • 家電量販店
  • 飲食店

など幅広い実店舗で使用可能です。使いやすさの点から言うとアマゾンポイントは使いにくいです。

アマゾンアプリを活用してスマホからさらに便利なお買い物を楽しもう

アマゾンをWebサイトから利用している方も多いと思います。しかしアマゾンの公式アプリ「Amazon ショッピングアプリ」を使うとさらに便利なお買い物を楽しめます。アプリはiPhoneでもAndroidスマホでも利用可能です。

Amazon ショッピングアプリでは複数の検索方法が実装されています。具体的には文字入力での検索の他に、

  • 音声検索
  • カメラでの検索

の2つの検索方法が利用可能です。

音声検索は手がふさがっているときに便利な検索方法です。画面から専用のアイコンをタップすると入力画面になるので、探したい商品名を吹き込みます。精度は高く滑舌が多少悪くても認識されるので安心して利用できます。

またカメラでの検索は欲しい商品が手元にある際便利です。カメラのバーコードを読み取ると同じ商品を探して表示してくれます。さらに商品画像から商品を見つけ出すことも可能であり、バーコードが用意できない場面でも手軽に利用できる機能になっています。

Amazon ショッピングアプリではほしい物リストの追加も簡単です。商品画像を長押しするだけで小さい画像が出現し、下へドラッグするだけで簡単に欲しい物リストへ追加されます。商品詳細を開いていちいち欲しい物リストへ追加するのはひと手間ですが、そのひと手間がなくなるので検索がスムーズになるでしょう。

他にもAmazon ショッピングアプリには

  • 振動によりアクションが完了したことを知らせてくれる
  • タイムセールといったお得な情報をプッシュ通知で受け取れる

といったメリットがあります。

コロナの影響でアマゾンでのお買い物頻度が増えた方も多いでしょう。iPhoneやAndroidスマホなどからAmazon ショッピングアプリを利用できるようにすると、Webサイトを利用するより起動もスムーズですしスマホに最適化されているのでよりスムーズにお買い物できるようになります。

まとめ

今回はアマゾンのメリットやデメリット、そして最後に便利なアプリの紹介を行いました。

アマゾンでは安く商品を入手しやすく、2,000円以上の購入で商品が無料になります。またアマゾンプライム会員になれば配送オプションが無料になったり複数の特典を受けられたりとお得度がさらに増します。これからアマゾンを使う回数を増やす方は、プライム会員になっておきましょう。

またAmazon ショッピングアプリからお買い物できるようにすれば、スマホから簡単に商品を購入できるようになります。スマホからお買い物する頻度が高い方はぜひ入れてみてください。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

ピックアップ記事

  1. 2020-9-3

    プライバシー情報を残さない!Androidスマホのあらゆる履歴を削除する方法

    Androidスマホの履歴データは、自分が何をしたか調べたり入力を省略したりするときなどに活用できる…
  2. 2020-4-16

    【これで完全解決!】Androidスマホが勝手に動くゴーストタッチの原因と修理、解決方法をご紹介

    Androidスマホを操作しているとき、触っていないはずの部分がタップされたことになって、勝手にアプ…
  3. 2020-4-14

    マスク着用したままiPhoneのFace ID(顔認証)でロック解除を学習する方法を徹底解説

    追記:5月24日のワイドナショーでも紹介されました(#勝手に認証) 風邪をひいている時や口周りにで…
  4. iphoneの時計

    2020-4-2

    iPhoneの時計が狂う時の理由と対処法

    最近では、時間を確認するときには腕時計ではなく、iPhoneの時計で時間を確認することが多くなってき…
  5. iPhoneLEDフラッシュ通知

    2020-2-4

    【iOS13最新版】iPhoneが着信、通知の時にフラッシュでLEDライトがピカピカ光る設定方法

    iPhoneが着信の時にピカピカ強烈にフラッシュする設定について解説していきます。 LINEやメー…
  6. リンゴループで困った

    2019-12-17

    【自分でできる】iPhone、ipadのリンゴループ(再起動を繰り返す)の原因と直し方、改善、復元方法

    大事なiPhoneやipadがリンゴのまま動かない、リンゴが点滅、リンゴマークから電源が落ちるといっ…
  7. iphoneバッテリーリフレッシュ

    2019-10-25

    iphoneのバッテリー充電を長持ちさせるリフレッシュ(キャリブレーション)方法、リセット方法【寿命が伸びるかも?】

    iphoneのバッテリーで電池を長持ちをさせる方法は前回の記事で解説させていただきましたが、今回はi…
  8. iphoneが勝手に動く

    2019-10-18

    iPhone xsが勝手に動く原因とゴーストタッチの対処方法12選【iPhone11pro・iPhone8対応】

スポンサーリンク

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

主要地域

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る