iPhoneで緊急の電話を掛けるには!

2018-9-8

 

iPhoneで緊急電話を掛ける場合、iOSのバージョンがiOS11かiOS10であるか

お使いのiPhoneがiPhone7以前であるか、8、8Plus、Xであるかで

操作の方法が違って来ます。

 

iPhone 8 、8Plus 、Xをお使いの場合

緊急の場合には、iPhoneのサイドボタン(電源ボタン)と音量ボタンを同時に長押しします。

この画面、緊急SOSのスライダが出るまで長押ししてください。

「緊急 SOS」スライダをドラッグして、緊急電話をかけます。

「緊急 SOS」のスライダをドラッグしなかった場合、

カウントダウンが始まりますのでカウントダウンが終わるまで押し続けます。

カウントダウンが終われば自動的に緊急通報用電話番号にかかります。

 

 

iPhone7以前をお使いの場合

緊急の場合にサイドボタン(電源ボタン)を5回連続で押します。

こちらの画面が出て来ますので「緊急SOS」をスライドします。

警察、海上保安庁、消防に電話を掛けることができます。

 

常に位置情報はオン

どちらの場合でも、緊急電話をかけた場合には、位置情報がオンになります。

位置情報が変わっても、その都度、緊急連絡先には位置情報が送信されます。

また、10分ほどでiPhoneにも通知が届きます。

 

ヘルスケアに緊急連絡先、個人情報を登録しておく

緊急連絡先はiPhoneのヘルスケアアプリから追加することができます。

また、自身の健康情報なども登録できますので、

こちらは緊急の際を考え、事前に登録しておくのがオススメです。

iOS10では、こちらの緊急電話機能が使えません。

あまりiOSのバージョンアップはオススメしていませんが、

この機能は生きるためには必需だと思いますのでiOS11へのバージョンアップをオススメします。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る