感圧式のホームボタンは修理可能なのか?

2018-10-12

 

昨年、発売されたiPhone X よりホームボタン自体がなくなりました。

感圧式のホームボタンはiPhone7/8シリーズのみとなります。

この感圧式のホームボタンは非常に繊細で、

ホームボタン自体が壊れてしまうと、iPhoneとして使用できないということもあります。

 

ごく稀に、

「他店さんで修理の後にホームボタンが効かなくなったので修理して下さい」

というお客様が来店されることがあります。

その他店さんでは

「3分の1の確率でホームボタンが壊れてしまいます。

それでも大丈夫ですか?」

と、お客様了承の上、修理を行うそうです。

現在ではyou tubeでも修理動画が上げられていますが、

ホームボタンをドライヤーやヒートガンの熱で剥がしてる業者さんがあります。

この修理のやり方であれば、ホームボタンも壊れてしまうだろうな。。。

というのが筆者の感想です。

iPhone 7/8シリーズのホームボタンには基盤も埋め込まれているため

この基盤の下の粘着を剥がすために上や下から熱を与えることは

基盤そのものを傷めてしまう可能性があります。

 

修理はできるの?

これら、基盤を損傷させてしまった、または断線してしまったホームボタンは修理が可能かどうか?

答えは「Yes」です。ただ、修理はいつも行なってみないとわからないもの。

100%大丈夫ということはありません。

ホームボタンとiPhone本体は2個セットになっているため

新しいホームボタンの替えというものはありません。

あくまで、壊れてしまったホームボタンを使用するしか方法がありません。

 

また、修理は非常に繊細な部分になりますので、

一時的にホームボタンが使える状態になったという認識で、

日常で使用されるには、とても怖い状態になります。

(再度、壊れてしまう可能性が高いです。)

iPhoneの修理は、「自己責任」です。

ご自身で、信頼のできる修理店をお選び下さいね。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る