iPhoneの白色があるのは日本の企業のおかげなんです

2018-10-13

 

みなさんが日々、お使いになっています、iPhone。

今は新機種のiPhone X/XS/XS Max  も全画面ディスプレイとなり、

外枠やホームボタンもなくなってしまいましたが

それでもまだiPhone 8以前の機種をお使いの方が多いと思われます。

そんなiPhoneユーザーの半数以上が使用しているであろうと思われる

「白色」のアイフォン。

実は、2011年のiPhone4から初めて白色のiPhoneが発売され、

それまでのiPhone3Gは黒一色だったんです。

 

この「白色のアイフォン」の開発に、

日本の企業が深く関わっていたことをご存知でしょうか?

 

この日本の企業ですが、

家電機器やオーディオ製品などの工業製品専用のインクの会社。

 

2007年にApple社からiPhoneの白色のパネル製造の依頼があり、

Appleが定める国際基準以上の厳しいAppleの基準を通る、

「白色」の開発に成功したそうなんです。

 

なんたって、色は「白色」。

 

少しでも違う色が混ざってはダメな色です。

 

国際基準より厳しいAppleの基準を満たす「白色」のパネルのインクは、

日本のこの会社の技術力があってのもので

もし、この会社の技術が無い場合は

白色のiPhoneの実現には至らなかったのかもしれません。

 

この企業の努力と成功がなければ、今でもiPhoneは黒一色で

日本人に、また、女性にまで使ってもらえる端末ではなかった可能性もあります。

 

iPhoneの白色は荒川区で作られているの記事はこちら

 

素晴らしい技術、綺麗な白色を開発して頂けた企業に感謝です!

 

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る