安いのに妥協がないスマートウォッチ!UMIDIGI Uwatch 2S をレビュー

2020-11-23

一昔前のスマートウォッチは数万円といった高い値段でしか購入できませんでしたが、今では数千円台といった安い値段でもスマートウォッチを入手できるようになりました。中でもアマゾンではさまざまなメーカーが安価なスマートウォッチを販売しており、商品を選ぶのに困っている方もいらっしゃると思います。

アマゾンの中でもひと際人気があるスマートウォッチが「UMIDIGI Uwatch 2S」です。認知度は高くないかもしれませんがこのモデルはシリーズ化されており、前モデルよりさらに使いやすくなっていてお手頃になっています。

今回はスマートウォッチを安く手に入れたい方向けに、UMIDIGI Uwatch 2Sのレビューをご紹介していきます。

アマゾンプライムデーが狙い目だった!元々3,000円未満から30%引きに

UMIDIGI Uwatch 2Sは、「UMIDIGI」が販売しているスマートウォッチです。UMIDIGI社は中国の通信機器メーカーであり、日本でそこまで名は通っていませんがそこそこ有名なようです。試しに「UMIDIGI」と入力するとウィキペディアで情報がヒットしました。

UMIDIGI Uwatch 2SはUMIDIGIが販売しているスマートウォッチの中でも特に安いモデルであり、スペックは

  • サイズ:25.7 x 4.4 x 1.29 cm
  • 重量: 25 g
  • 通信形式:Bluetooth
  • 対応OS:Android 4.4または iOS 8.0以上の環境

となっています。価格は2,999円と3,000円から1円小さい金額となっており、購入しやすさも絶妙です。

実際の商品は下記から確認できます。

UMIDIGI Uwatch 2S商品詳細ページ

またUMIDIGI Uwatch 2Sはセールやクーポンの対象にもなっています。先日の2020年10月に開催されたプライム会員限定の「アマゾンプライムデー」では、UMIDIGI Uwatch 2Sが30%引きで販売されており注目商品として取り上げられていました。

私も実はアマゾンプライムデーでUMIDIGI Uwatch 2Sを購入しました。「普通の時計はつまらないし、デジタル機能搭載のウォッチのほうが面白そうだ」と思って確認したらヒットしたので購入して現在利用しています。2,000円と少しで購入できたのでかなりお得ではないでしょうか。

ちなみに2020年11月現在では、300円OFFクーポンが配布されています。今後アマゾンではさまざまなセール開催が予定されており、対象になれば大幅割引もあり得ます。この記事を今見ている方は、クーポンを使ってもよいですがセールまで待ってからUMIDIGI Uwatch 2Sを購入するとお得に買えるかもしれません。

スマートウォッチ初心者には最適なモデル!UMIDIGI Uwatch 2Sのメリット

ここからは実際に使ってみて感じたUMIDIGI Uwatch 2Sのメリットをレビューしていきます。

  • 日本語が多少おかしいが、詳しい説明書が付いている
  • 安っぽさはなくベーシックな作りで普段使いできる
  • 振動を与えると画面が表示されるので電池量節約になる
  • 1週間は連続して利用できる
  • 「Da Fit」アプリとの連携で健康管理や天気確認、アプリ通知確認などが可能

日本語が多少おかしいが、詳しい説明書が付いている

UMIDIGI Uwatch 2Sはあまりにも安かったので、説明書はまともについてこないだろうと覚悟していました。

しかし発送後内容物を見ていると、立派な黒色の箱に

  • 本体
  • 説明書
  • 充電ケーブル

などが整理されて梱包されており、代表的なブランドのスマートウォッチとそん色ない雰囲気を感じました。

そしてびっくりしたのが、説明書の厚みです。英語といった複数言語対応のため言語ごとに説明が書いてある分厚いのもありました。しかし日本語の説明ページもそれなりのボリュームがあり、

  • アプリの接続方法
  • 充電やストラップ交換方法
  • 各アイコンの機能紹介

など基本的な説明が網羅されていたのもポイントです。

日本語は多少おかしいところもありますが、説明書を見れば大体どうやって使えばよいか分かるようになっています。インターネットで別途情報を調べなくても使えるようになるでしょう。

安っぽさはなくベーシックな作りで普段使いできる

UMIDIGI Uwatch 2Sは作りもこだわっています。超軽量アルミを利用しており、見た目に関しても中国メーカーにありがちなパーツはめ込みの緩さや変な跡が残っているといった印象を悪くする部分がありませんでした。シリコンバンドにより自然に腕へフィットするようになっているのもポイントです。

余計な装飾がない分どこのブランドのスマートウォッチなのかすぐには分かりませんが、安っぽさもないです。そのため「どのブランドのスマートウォッチか他の人に見てもらう必要はなく、機能性だけを追求したい」という方にはおすすめになっています。

振動を与えると画面が表示されるので電池量節約になる

UMIDIGI Uwatch 2Sでは、振動を与えると画面が表示される設定になっています。一定時間が過ぎると自動で画面が消灯しますが、腕を少し振るだけですぐ再表示されます。

常時スマートウォッチが付けっ放しになっていると、格好悪い印象を受ける方もいらっしゃるかもしれません。しかしUMIDIGI Uwatch 2Sでは賢く画面を消灯してくれるので、使わないときは目立たず使うときは明るく内容を表示してくれるスマートさを実感できます。

1週間は連続して利用できる

UMIDIGI Uwatch 2Sは省電力性も魅力であり、個人的に使ってみたところ充電なしで連続1週間ほどは余裕で使えました。

スマートウォッチにおいて電力が持つかどうかは使いやすさにもかかわってきます。スマホのように頻繁に電池切れしていては面倒も増えますし、使うモチベーションも低下してしまいます。

しかしUMIDIGI Uwatch 2Sは連続使用しても電力を抑えられる工夫がされており、電池持ちを気にせず使えるようになっているのがポイントです。充電も専用ケーブルでスピーディーに完了しますし、スムーズに使用できます。

「Da Fit」アプリとの連携で健康管理や天気確認、アプリ通知確認などが可能

UMIDIGI Uwatch 2Sはオフラインの状態でも、

  • 心拍数を測定する
  • ストップウォッチで時間を計測する
  • ミュートや明るさなどを調整する

といった操作が可能です。しかしUMIDIGI Uwatch 2Sはスマートウォッチなので、iPhoneやAndroidスマホといった端末と連携させることでさまざまな機能を使えるようになっています。

UMIDIGI Uwatch 2Sには、「Da Fit」というアプリを使います。端末のBluetooth機能を直接ONにするのではなく、アプリ内からBluetoothを作動させることでUMIDIGI Uwatch 2Sとスマホを接続して使うことが可能です。

UMIDIGI Uwatch 2Sとスマホを連携させると、たとえばウォッチフェイスを変更できるようになります。

  • 消費カロリーや移動距離などを表示する
  • ユニークなイラストフォントで時刻を表す
  • 派手なイラストが付いている

といったウォッチフェイスから好きなデザインを選んで時計盤に起用可能です。

またTwitterやInstagramなどの通知を、UMIDIGI Uwatch 2Sから確認できるようになるのもメリットです。UMIDIGI Uwatch 2Sから通知内容を確認できれば、スマホを使えない状況でも気軽に返信の準備ができるようになります。

さらに

  • 歩数
  • 心拍数
  • 睡眠
  • ランニング

などの健康に関する項目のデータを収集して、管理できる機能も搭載されています。UMIDIGI Uwatch 2Sを普段使いすれば、自然と健康への意識も高まりよい生活を送れるようになるでしょう。

その他にも

  • 24時間心拍数を測定する設定を行う
  • 腕振り起動のON、OFFを選択する
  • 天気情報を表示する

といった多彩な機能がアプリから利用可能です。

多少古いOSでもアプリをインストールできるようになっているので、使わなくなったスマホにDa Fitを入れて健康管理や情報チェックなどをしてみてもよいでしょう。

使いにくいところも!UMIDIGI Uwatch 2Sのデメリット

UMIDIGI Uwatch 2Sにはデメリットもあります。ここではデメリットを実際に使った感想と交えてご紹介していきます。

  • 充電がマグネット方式であり、代替の品が見つからない
  • 5ATM相当の防水性能を有しているが過信は禁物

充電がマグネット方式であり、代替の品が見つからない

UMIDIGI Uwatch 2Sには4つのピンが組み込まれており、そこへ専用の充電ケーブルを磁石でくっ付けて充電する形になります。一度覚えてしまえば充電するのも面白いのですが、専用になってしまっているのがデメリットです。

通常のUSBケーブルで代替できれば、万が一ケーブルが破損したり紛失したりしても充電を続けられます。しかしUMIDIGI Uwatch 2Sの場合代わりの品をアマゾン公式サイトなどで発見できませんでした(スマートウォッチ用充電ケーブルは発売されていますが、ピンの数が違ったり他モデル専用だったりで対応の商品が見つかりませんでした)。

一度なくしてしまうと、ケーブルを買い替えるのは難しいと考えてよいでしょう。ケーブルの取り扱いには注意してください。

5ATM相当の防水性能を有しているが過信は禁物

UMIDIGI Uwatch 2Sには「5ATM」相当の防水性能が搭載されています。これはちょっとした雨や水撥ねには余裕で対応可能です。

ただし強力な水圧が掛かってしまうと、中に水が入ってしまい故障する可能性があります。5ATMは安い通常の時計にも複数搭載されており防水性能には少し問題があります。水にぬれるアウトドアを行う際は、使わないほうが安心できるでしょう。

ちなみに「日本時計協会」は公式で、「5ATM以上でも水圧の激しいシャワーや水道水などが直接時計に当たらないようにしてください」と記載しています。

まとめ

今回はUMIDIGI Uwatch 2Sのレビューを行ってきました。

通常3,000円未満で購入できる上、セールやクーポンなどを活用すると2,000円近くで購入できる可能性もあります。値段の割には梱包もしっかりしていて、ウォッチフェイス変更やアプリ通知受け取りなど基本的な機能を一通り備えている逸品だと感じました。

下手に安過ぎるスマートウォッチを購入すると失敗する可能性もありますが、UMIDIGI Uwatch 2Sは品質にも妥協していません。気になる方はぜひアマゾン公式で購入してみてください。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

ピックアップ記事

  1. 2020-9-3

    プライバシー情報を残さない!Androidスマホのあらゆる履歴を削除する方法

    Androidスマホの履歴データは、自分が何をしたか調べたり入力を省略したりするときなどに活用できる…
  2. 2020-4-16

    【これで完全解決!】Androidスマホが勝手に動くゴーストタッチの原因と修理、解決方法をご紹介

    Androidスマホを操作しているとき、触っていないはずの部分がタップされたことになって、勝手にアプ…
  3. 2020-4-14

    マスク着用したままiPhoneのFace ID(顔認証)でロック解除を学習する方法を徹底解説

    追記:5月24日のワイドナショーでも紹介されました(#勝手に認証) 風邪をひいている時や口周りにで…
  4. iphoneの時計

    2020-4-2

    iPhoneの時計が狂う時の理由と対処法

    最近では、時間を確認するときには腕時計ではなく、iPhoneの時計で時間を確認することが多くなってき…
  5. iPhoneLEDフラッシュ通知

    2020-2-4

    【iOS13最新版】iPhoneが着信、通知の時にフラッシュでLEDライトがピカピカ光る設定方法

    iPhoneが着信の時にピカピカ強烈にフラッシュする設定について解説していきます。 LINEやメー…
  6. リンゴループで困った

    2019-12-17

    【自分でできる】iPhone、ipadのリンゴループ(再起動を繰り返す)の原因と直し方、改善、復元方法

    大事なiPhoneやipadがリンゴのまま動かない、リンゴが点滅、リンゴマークから電源が落ちるといっ…
  7. iphoneバッテリーリフレッシュ

    2019-10-25

    iphoneのバッテリー充電を長持ちさせるリフレッシュ(キャリブレーション)方法、リセット方法【寿命が伸びるかも?】

    iphoneのバッテリーで電池を長持ちをさせる方法は前回の記事で解説させていただきましたが、今回はi…
  8. iphoneが勝手に動く

    2019-10-18

    iPhone xsが勝手に動く原因とゴーストタッチの対処方法12選【iPhone11pro・iPhone8対応】

スポンサーリンク

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

主要地域

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る