バッテリーが膨張したり発火する理由

2018-11-7

 

Yahoo!ニュースでバッテリーの自己修理中に発火したという二ユースを見ました。

専門の知識がないと、バッテリーの交換でも発火事故に繋がることがあります。

iPhoneやスマホ、また、外付けの充電器に使用されているバッテリーは

リチウムイオン電池」というものが使用されています。

このリチウムイオン電池ですが、可燃性の有機溶媒の中で

プラスとマイナスのイオンが行き交うことにより電流を発生させています。

 

過充電や外部からの圧力により電解質が揮発してしまうと

高熱になってしまったり、ショートの火花で発火する危険度が高まります。

リチウムバッテリーの内部には、電解質が揮発して内部の圧力が高まっても

爆発しないようにガス抜き弁が設けられています。

しかし、このガス抜き弁の強度が下がってしまい

強い衝撃などで圧力や衝撃が加わってしまうと

可燃性の有機溶媒が漏れてしまい、発火に繋がってしまいます。

未然に防ぎましょう

後ろポケットにスマホを入れたまま座ってしまったり

自己分解でバッテリーを損傷させてしまったり

モバイルバッテリーなどで過充電になってしまったりと

バッテリーを痛めてしまう理由は様々です。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る