八潮市にあるiPhone修理、スマホ修理の正規店から非正規店、登録修理業者の店舗の紹介をしています。口コミ、評判、修理代金の安さ、オススメの店舗も記載、人気のiPhone修理店の求人も記載中。


→八潮市のiPhone修理店について

八潮市は埼玉県の南東部に位置する市です。中川低地に位置しており全域が平坦な地形となっているのが特徴です。八潮駅周辺を中心に八潮市内5地区で区画整理事業が進行しているため、宅地化が進んでいます。

また八潮市には「葛西用水路」「八条用水路」「綾瀬川用水路」などの水路が非常に多く存在しています。これらは古くから農業用水として利用されてきました。小規模な水路については、現在では溝渠化した上での道路化が進んでいます。このようなことから八潮市は「水路の街」とも呼ばれています。

八潮市には首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス線「八潮駅」)の鉄道路線が通っています。八潮市の中心住宅街よりも少し南に位置している八潮駅周辺は先ほど記載した通り土地区画整理事業が行われているため、ショッピングセンターや小売店舗、特にクリニックや不動産関連が存しているほか、集合住宅や時間貸しの駐車場があります。その周辺は田園地帯が広がり、工場や倉庫なども散在するのが特徴です。

また八潮市には、八潮市指定無形民族文化財に指定されている「二丁目の獅子舞」があり、埼玉県指定無形民族文化財の「大瀬の獅子舞」と共に有名です。
「二丁目の獅子舞」は、明暦元年(1655年)頃に始まったとされており、古式にのっとった祭礼が今もなお継承されています。毎年7月の第3日曜日に二丁目の氷川神社に奉納されることから名に「二丁目」とついています。また、田の草取りで腰が伸びず、どうしても舞いが草取りに似てしまうところから別名「田の草獅子」と呼ばれています。
「大瀬の獅子舞」は、獅子頭を1人でかぶり舞う風流獅子のことです。獅子頭は宝光寺の寺什とされており、7月1日には浅間社に、7月2日には氷川社に、舞が奉納されています。本地域は古くからの稲作地帯であり、雨乞い行事・稲の病害虫駆除、そして人々の悪疫防除の夏祈祷の祓いとして行なわれてきました。大瀬の獅子舞は別名には「ドロンコ獅子」の異名も持っており、これは獅子を舞うと必ず雨が降り、舞庭を足でかき回しドロンコになることによりそう呼ばれる事になりました。

そんな八潮市で、画面修理・バッテリー交換・水没復旧修理・データ移行・リンゴループの復旧・カメラ交換・スピーカー交換修理その他パーツ交換など、今では日常生活にはかかせない大事なiPhoneの修理をしてもらえます。
また、店舗によりましてはiPhoneの修理だけではなく、アンドロイドのスマートフォンやiPad、各社メーカーのノートパソコン・各社メーカーのデスクトップパソコン、DSやPSP・プレーステーションなどのゲーム機、幅広い機器の修理を行っている店舗もございますので問い合わせてみましょう。
修理時間は、店舗・修理内容によって異なりますが、iPhoneであれば一番多いと言われている画面修理のガラス交換・液晶交換で平均時間30分での修理が可能です。

遠方でもご自身にあったお店が見つかれば郵送修理も対応可能な場合があります。修理をお願いする時は各記載店舗に問い合わせ、予約をすることでスムーズに対応してもらえますので事前に電話、メール相談、予約をすることをお勧めします。
埼玉エリアでは新着店舗の情報は随時情報が入り次第、順次掲載を進めておりますが、掲載漏れがある場合があります。その時は店舗様、ユーザー様より情報をいただき次第、掲載を進めていきますのでお問い合わせください。

当サイトでは修理店舗の紹介のみでありお客様と掲載店舗の間のトラブルは一切関係ありませんのでご了承ください。

→iPhone7のガラス割れ修理価格が安い順に並べ替える

カテゴリー:八潮市

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

ページ上部へ戻る