iphoneの機内モードの設定方法と機内モードでできる着信拒否や急速充電など様々な活用方法

2019-12-19

機内モード
機内モードって飛行機に乗ったときだけに使うものだと思っていませんか?
もちろん飛行機の中で機内モードにすることは飛行機の運行上の危険とマナーなので絶対にしなければいけない設定です。
しかし、考え方によっては機内モードで出来る様々な活用方法もあり、ありがたい仕組みでもあるのです。

機内モードでできる便利な活用方法

  1. 着信拒否ができる
  2. 急速充電ができる
  3. バッテリーの節約ができる
  4. 通信状態が悪いときにリセットできる

機内モードで着信拒否が目的の場合

機内モードにしているとモバイル通信によるインターネットは使えませんが、WiFi接続によるインターネットは接続できます。
仕事などで集中している時などは機内モードに設定してWiFiに接続しておけばインターネットに繋がっている状態でも電話はかかってくることがなく集中が途切れないので安心ですね。
ただ、この状態であればLINEなどのSNSによる通話機能は生きてしまうので着信してしまいます。
着信拒否が目的の場合はLINE電話の着信をオフにしておきましょう。

機内モードで急速充電が目的の場合

バッテリーを大きく消費する様々な機能を制限することが出来るのが機内モードです。
機内モードに設定して充電するのと機内モードにしないで充電するのとではiPhoneの充電速度が大きく変わってきます。
急いでiPhoneを充電したいときは機内モードに設定して充電することをおすすめします。
iPhoneの急速充電についてはこちらの記事へ

バッテリーの節約が目的の場合

もう少しで充電出来るところの到着するのにバッテリーが切れそう…
どうしてもここでバッテリーが切れてしまうと後で問題が出る…
こんなことってありますよね?
しかしそういったときに限ってバッテリー残量が後どれぐらい残っているか気になって触ってしまいますよね?
そんなときに機内モードにすることで消費電力が一気に抑えられるのでバッテリーの減りはセーブされます。
機内モードはバッテリーの節約にも活用できます!
全く知らないところに1人で行った時や水上バイクで遠出をしている時、標高の高い山に登山に行っている時など様々なケースがありますがが、そういったときにバッテリーの残量が心細い時は機内モードに設定して充電がなくならないように気をつけることが大事です。

通信状態が悪いときにリセットできる

電波が良いはずの場所で圏外になっている。
格安スマホなどでよくある圏外から通常の使えるように戻らない…
こんな症状の時も機内モードと通常モードを繰り返すことで改善される場合もあります。
iPhoneが圏外のまま戻らない時の対処法はこちら
機内モードにすることで通信がリセットされ再度、正常に電波を探しに行くので圏外から通常の状態に戻ることがあります。

地域から探す

掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

無料掲載希望の方へ

掲載は無料ですので随時お問い合わせフォームよりご連絡ください

PR

乗馬用品

主要地域

ページ上部へ戻る